いぼの手術を気軽に依頼【早く治したいという場合は医師に相談】

Female

症状によって治療を変える

Female

体質や予算に応じた治療を

美容整形で行われるいぼの治療法は、メスでの切開手術、液体窒素によって冷却させて取る方法、レーザーで焼ききる方法、内服薬飲用です。治す為にレーザーや液体窒素を使うと、使用した部分に跡が残る為、アフターケアを行う必要が出てくるでしょう。液体窒素で焼ききる場合、つけた器具の形に液体窒素が浸透し、色素が沈着する可能性は高いのですが、アフターケアで治すことができるので、悲観しないで下さい。レーザーで除去する方法が手軽で安価にできる方法といわれており、痛みが少なく、再発の可能性が低いので人気が高まっています。ただし、医療機関によって費用にばらつきがあるため、前もって確認して治療を受けることで、費用を抑えられるでしょう。いぼの種類によってはヨクニインと呼ばれる内服薬を飲み続けてとる方法がありますが、種類によって使用可能・不可能があります。内服薬では手術による痛みもなく、色素沈着もないため安心して治療が受けられますが、完治に時間をかける必要があるため注意してください。美容整形外科でいぼを治療するメリットは、手術跡を残さずきれいに治療できることにあるといわれています。痛みもなく、手術後の縫合や抜糸といった心配がないレーザー治療や電気メスを使って治すため、わずか数分で済むのがメリットです。いぼの後がほとんど残らず、手術跡もアフターケアを欠かさなければ、遅くとも半年後にはきれいになるといわれています。大きないぼやほくろの場合には外科手術を行いますが、それでも身体的な負担ができるだけ少なくなる努力をしているのが特徴です。一番のメリットとしては、再発しないことや、きれいに治せることで、5ミリメートル以上であれば勧められることが多いといいます。切って縫うだけであっても細心の注意を払って行われること、15分程度で済む事が上げられているため、気になる部分はすぐに取れるでしょう。ただし、手術後に洗顔を控え、抜糸は1週間ぐらいあとに行われることがわかっているため、納得してから治療を受けてください。また、治療後は紫外線に当たると色素沈着を起こしやすいため、治療を受ける時には後の紫外線のことも考えて受けましょう。